誰かに着てもらおう!中古着物の売り方

着物を売る時のポイントは?

自分ではもう着ることのない着物は誰かに着てもらいたいと思っている方は少なくないのではないでしょうか?身近に着てくれる人がいる場合は良いですが、そうでない時は買取ってもらうのもひとつの方法です。着物専門の買取業者も今は増えています。着物の価値をわかってくれる専門の買取業者なら安心して売ることができます。
まずは査定を依頼してみましょう。購入したけれども未使用だったり、着物の証明書である「証紙」があること、有名作家の作品、紬などの有名産地のものなどは高額査定が期待できます。着物は素材もポイントになります。正絹であれば買取は可能ですがウールやポリエステルなどの化繊のものは買取ができない業者もありますので注意が必要です。

買い取りの方法はどうなっている?

中古の着物を買取業者に売る場合は査定後に買取の流れになります。
査定の方法としては、まず店舗に持ち込む方法があります。持ち込みの場合は目の前で査定してもらえるの査定が明確です。店舗が近くにない場合や、着物の数が多い場合は自宅に来てもらえる出張査定が便利です。出張で査定を依頼する時は買取業者の出張エリアを確認しておく必要があります。また、自宅で梱包し発送して査定をしてもらえる宅配の方法もあります。そして着物を売る時は優良業者に依頼するのが大切です。ホームページや口コミで確認したり、事前の問い合わせの対応などで信頼できる業者を選びましょう。帯などの和装小物や古い着物でも買取る業者もありますので、自分の希望に合った買取が可能かを問い合わせてみることをおすすめします。