相場は理解してますか?中古着物の買取価格

眠っている古い着物を活用しませんか?

自宅や実家のタンスの中で眠っている着物や遺品整理の時に出てきた着物の処分に困っていませんか?そのまま捨ててしまうより、一度プロの目を通すことにより、活用できることもあるのです。
着物に知識がない場合は、手持ちの着物の価値や中古着物の価格の相場が分からず、活用方法も分かりませんよね。中古着物の買い取りの専門店に見てもらうことにより、適正な価格で取引することができます。古着専門のリサイクルショップやブランドの買い取り店では、着物の取り引きをしていない店も多く、あったとしても着物の価値を判断できるスタッフもいないこともあり、適正な価格で取引が望めないのが現状です。きちんと活用したい場合は、ぜひ中古着物に強い専門店に買い取りをお願いしましょう。

実際の買い取り価格はいくらになるの?

着物を売ろうと決めたときに気になることは、買い取り価格の相場です。一般的には、振袖や訪問着など生絹を使った高価なもので数千円から数万円で普段着の小紋などはそれよりも買い取り価格は低くなります。大島紬や結城紬、作家ものや有名呉服店の着物や帯は数十万の買い取り価格になることもあります。
裄と丈が長いLサイズのもの(身長165センチ以上)は、希少なこともあり買い取り価格が高くなるのですが、逆に短い場合(150センチ以下)は需要が少ないため低くなります。未使用のもの、メンテナンスをしっかりしてしつけのついたもの、シミや汚れのないものも買い取り価格がアップします。一見古くて状態の悪いものでも、アンティークとして価値があり着ることより素材として買い取りされるものもあるので、自分で判断するよりプロに見てもらうことをおすすめします。