押し入れの平たい箱、着物が眠っているかも?中古着物活用法

洋服にリメイクしてみる

押入れの奥に、古い着物が眠っているということはありませんか?
三世帯で住んでいる家や、祖父母から受け継いだ家の場合、今まで見たこともないような着物が眠っている可能性があります。着物を着ない人であれば処分に困ってしまいそうですが、実はリメイクで新しく生まれ変わることが出来るのです。
一つ目として、思い切って洋服にリメイクしてみるという方法です。裄や裾がたっぷりとしている着物の特性を生かし、マキシワンピやマキシスカートなどにするのも良いですね。生地が大きいので、親子でお揃いにしても面白いかもしれません。その他、ストールやバッグなどにもリメイク可能ですので、好きな柄を選り分けておくと良いかもしれません。

中古着物屋さんに買い取って貰う

古い着物の活用方法として、中古着物屋さんに買い取って貰うという方法もあります。
素材が豪華な着物や、洗い張りがしてある保存状態の良い着物、裄や裾が長めの着物などは、高く買い取って貰える可能性がありますので、シミや汚れが無いかどうか、きちんと確認しておくと良いでしょう。ブランド物を売る際にも同じことが言えますが、買う側の立場になって考えると、出来るだけ綺麗な物が欲しいですよね。
せっかくの大切な思い出が詰まった着物ですので、ごみとして捨ててしまうのではなく、誰かに大切に来て貰えるように中古着物屋さんに買い取って貰った方が良いですよね。あなたの家の押入れに、お宝級の着物がたくさん眠っているかもしれませんよ。