着物の種類で値段が違う?簡単な着物の種類と価値

小袖や浴衣は買い取ってもらえるのか?

今や着物を日常で着る機会も減ってしまい、家で眠っている着物をなんとかしたい、そう思っていらっしゃる方も多いと思います。
ですが、自分の着物の価値や値段が分からない、という事がありますよね。実際、着物の種類は意外と多く、浴衣から留袖まで幅広いものです。結論から言うと、どんな着物でもよほどの痛みが無い限り、買い取ってもらうことは可能です。一般的に着られていた小袖などは、普段着なので高く買い取ってもらえる事はありませんが、手書きのものなどは希少なので値段も変わります。浴衣も買取は可能ですが、買い取り額は低く、人気の高い柄などでは高い値段が付けられることもあります。あるいは新品であれば、それなりの値段は付けてもらえます。

高額買取になる着物とは?

振袖や袴などは、新しいものが高く売れ、訪問着はフォーマルな場で使用できて買いたい人も多くよく売れるので、中古でも高く売れることがあります。大正から昭和初期にかけてのアンティーク着物は、今では作る事が難しいため、状態にもよりますが高額になります。
絹100%の着物だと古くても価値があり、織り方が有名だと価格も高くなります。そして留袖は最も格式が高い着物であり、着る機会も多いものなので高額で買い取ってもらえます。また、黒留袖はより高い価値があります。
どれがどんな着物か分からない時は、専門の人に査定をしてもらうと良いでしょう。無料査定や出張買取をしているお店や、高額買取をPRしているお店もありますので、自分に合ったお店で一度、着物の査定をしてもらってはいかがでしょうか。